iiie@diy

by syttg

『壁掛けTVボード』のDIYに挑戦してみる③ ~取付・完成編~

この記事は移転前のブログ記事を再編して投稿したものです。 

 

f:id:gorislog:20181121112049p:plain

 

前回の続きから。

 

www.iiie.nagoya

 

 

材料の調達・加工が終わったのでいよいよ取付作業です。

 

 

f:id:gorislog:20181122091703j:image

 

まずは取付場所の確認。

もともと、ここにはテレビボードが設置してありまして、光ケーブルがテレビボード内のAVデッキ置きに置かれるように施工してもらいました。

配線孔が小さいこともあり、モデムを分解するのもダメだそう(業者に聞いたら料金がかかるらしいの)で仕方なくテレビボードの背面を破壊することに。

 

テレビボードからモデムを取り外せたので、準備OKです。

 

f:id:gorislog:20181122091731j:image

 

まずは水平出しを行います。

 

使用するのはブラックアンドデッカーのレーザー墨出し器。十字にレーザーが照射されます。自立水平調整機能がついてるので、簡単に水平出しができる優れもの。

 

 

ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) 垂直・水平レーザー オレンジ BDL310S

ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) 垂直・水平レーザー オレンジ BDL310S

 

 


f:id:gorislog:20181122091801j:image

 

十字レーザーを横に、メジャーで高さを決めます。


f:id:gorislog:20181122091757j:image

 

決めた高さまでレーザーを調整し、レーザーの下に養生テープを綺麗に貼ります。

養生テープの貼り方の綺麗さで今後の出来栄えが変わるので、丁寧に貼ったほうがいいですね。

 

 

3M マスキングテープ 243J Plus 15mm×18M 8巻パック (243J 15)

3M マスキングテープ 243J Plus 15mm×18M 8巻パック (243J 15)

 

 


f:id:gorislog:20181122091751j:image

 

下地センサーを使って柱を調べ、柱の位置にマークを付けていきます。

柱の幅が分かるように、マークしていきます。

 

 

シンワ測定 下地センサー Super スーパー 78576

シンワ測定 下地センサー Super スーパー 78576

 

 


f:id:gorislog:20181122091744j:image

 

マークした幅の長さに養生テープを切断し、上から重ね貼りします。


f:id:gorislog:20181122091818j:image

 

養生テープの上から下地さがし針を刺します。

刺す理由は、下地センサーが正確とは言えないからです。実際に針をさして確認したほうが正確ですからね。

 

 

シンワ測定 下地探し どこ太 Smart マグネット付 35mm 78592

シンワ測定 下地探し どこ太 Smart マグネット付 35mm 78592

 

 

 

柱の両端を確認し、重ね貼りした養生テープの長さに間違いがあれば直します。


f:id:gorislog:20181122091809j:image

 

養生テープに合わせて下地を貼り付けていきます。この際、重ね貼りした養生テープがすこしだけ上に張ってあるので下地を取り付けても見えると思います。

 

重ね貼りした養生テープの中心が柱の中心になると思いますので、養生テープの中心を軸にビスを打ち込んでいきます。

 

 

 

 

 

 


f:id:gorislog:20181122091815j:image

 

両方打ち込んだら下地の完成。


f:id:gorislog:20181122091747j:image

 

ちょこっと傾いてしまいました。

下地作りの際、キッチリした寸法よりも、少しだけ余裕を持たせておいたほうが修正し易いです。僕は5㎜ほど余裕を持たせていましたが、このズレはギリギリでした。


f:id:gorislog:20181122091741j:image

 

下地に壁掛けレールを取り付けていきます。

下地はありますが、できるだけ柱にビスが刺さるようにしたほうが良さそうですね。


f:id:gorislog:20181122091805j:image

 

レールがついたらBESTAを乗せます。

背面パネルを組み付ける溝にレールを引っ掛けて乗せるのでそうそう落ちることはなさそうです。

また、耐震アップ用につけた木材を内側よりビスで貫通して下部の固定も行っておきます。


f:id:gorislog:20181122091738j:image

 

本体が壁に掛かったら、天板と側面板を取り付けます。


f:id:gorislog:20181122091754j:image

 

内側からビス止めするだけなので、作業は割愛。

 

コレで完成です!

 

 

次回、まとめ

 

【次回】

www.iiie.nagoya