iiie@diy

by syttg

梅を貰ったので、"自家製 梅酒"に挑戦してみた

 

この記事は移転前のブログ記事を再編して投稿したものです。 

 

実家から”梅が余っている”という嬉しいSOSが届いたので、梅を貰ってきました。

自宅の梅の木ですので、普段は消費しきれる程度しか収穫できないそうですが、害虫(カイガラムシ)が発生したせいで、例年よりもたくさん収穫できたとのこと。木が大丈夫か少し心配にもなりましたが、余っているとのことで持ち帰ってきました。

 

だいたい、2kg~3kgほどでしょうか。

梅シロップにするのも考えましたが、今回は前々から気になっていた"梅酒"を作ってみることに。

 

f:id:gorislog:20180609145255j:image

 

材料はだいたいこんな感じ。

 

梅 : 1kg

ホワイトリカー : 1.8㍑

氷砂糖 : 6~700g前後

 

宝 35%果実酒の季節 1.8L 紙パック

宝 35%果実酒の季節 1.8L 紙パック

 

 

ホワイトリカー以外のお酒(ブランデーや日本酒)でも漬ける事はできますが、酒税法の関係でアルコール度数が20%未満のお酒をベースにすることはできません。詳しくは酒税法を調べるといいと思います。(今回使うホワイトリカーは35%)

 

masaka-saketen.com

 

機材としては、

 

4~5㍑入るガラス製容器(果実酒瓶など)

計量器(翌年、味を調整するためにも、分量を量ったほうがいい)

ザル

ボウル

 

等があればOKです。

 

f:id:gorislog:20180609145300j:image

 

ザルとボウルを使って洗います。

僕は水を張ったボウルに梅を流しいれ、かき混ぜながら洗った後に、一つ一つ丁寧に洗いました。

 

梅を洗った後、しばらく水につけておくと渋みが軽減するそうなので、1~2時間程水につけて放置。

 

f:id:gorislog:20180609145306j:image

 

梅のあく抜きをしている間に、瓶の消毒をします。

消毒方法は熱湯消毒なのですが、今回購入した瓶はソーダガラス製で、耐熱ガラスではありません。そのため急冷・急熱で瓶が破損する恐れがあるので同じような瓶を使用する場合は熱湯消毒をする際は気を付けた方が良いです。

僕は徐々に瓶の温度を上げていったので(お湯と水の割合を変えながら)、なんとか割れませんでしたが、必ずしも正しいやり方ではないと思います。熱湯消毒する際は気を付けてください。

 

f:id:gorislog:20180609185842j:image

 

二時間後、アク抜きを終えた梅を水で洗い流します。

その後、梅に残ったヘタをつまようじで取ります。

ヘタ周りをなぞり、少しだけ浮かした後にヘタを引き吊り出す様にするとスルっととれました。

 

f:id:gorislog:20180609185904j:image

 

ヘタ取りの後に、ヘタのカスなどを水で洗い流し、ふきんで水気を取ります。

一個づつ、丁寧に水気をとると良いみたい。

 

f:id:gorislog:20180609185915j:image

 

下処理を終えた材料たち。

ここから氷砂糖と梅を入れていきます。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:gorislog:20180609190521j:image

 

まずは梅を多めに。

土台になるよう敷き詰めたら、隙間に氷砂糖を。

 

f:id:gorislog:20180609190551j:image

 

梅→氷砂糖→梅→氷砂糖.....と、交互に積層にしていきます。


f:id:gorislog:20180609190543j:image

 

全部入れたらこんな感じ。


f:id:gorislog:20180609190559j:image

 

5㍑瓶の半分ぐらいになりました。


f:id:gorislog:20180609190548j:image

 

交互に積み終えたらホワイトリカーを入れていきます。


f:id:gorislog:20180609190603j:image

 

入れ終えたら、完成!

1.8+1+0.7=2.5㍑ぐらい?

瓶の半分ぐらいの量ですね。


f:id:gorislog:20180609190555j:image

 

保管は冷暗所へ。

氷砂糖が溶けきるまで、一日一回やさしく瓶を動かす必要があるので今のところはパントリーの下部に置いておきます。

氷砂糖が溶けきったら床下収納に入れようと考え中。

 

半年~一年ぐらいでおいしい梅酒ができるとのことで、今から楽しみにしておきます。

 

【今回の費用】

梅 : 無料

ホワイトリカー : 1280円

氷砂糖 : 200円

瓶 : 600円

【作業時間】

梅のアク抜き・熱湯消毒 : 1~2時間

梅のヘタ取り・水気ふき取り : 30分

瓶詰 : 5分前後

  

安売りで梅が2kg1000前後で売っていたので、1kg500円として瓶代考えず約2.5㍑1980円。CHOYAの梅酒 紀州が720m㍑で1000円前後。コスパ的には若干良いと思うけど、問題は梅をどう手に入れるかですね。あとは完成度も市販品に比べてバラつきがありますし、なにより完成が半年~一年と長め。

 

手間暇かかるので、待つ時間や作業が楽しめる人はいいと思います!

 

半年後、楽しみ。

 

【参考】

www.kishu-baien.co.jp

www.nagomi-shop.jp

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

パール金属 梅酒瓶 果実酒びん 3.0L ガラス製 角型 イタリアーナ L-1008

パール金属 梅酒瓶 果実酒びん 3.0L ガラス製 角型 イタリアーナ L-1008