iiie

“iiie.nagoya” by syttg

花粉対策としてリビング用にBALMUDAの『The Pure』を買ったよ

 

花粉がひどい。

 

今年、飛散してる花粉の量が多いのか、一日中鼻をかんだり、目を擦ってます。家族全員、花粉症で、外出するときはマスク必須ですし、家にいる時は窓を開けれない生活。

 

マスク着用、息苦しいですが仕方ない。目も鼻も、喉もやられるこの季節、スギ・ヒノキを全て伐採したくなりますね。

 

我が家では花粉症の症状が酷すぎて、部屋の中に持ち込んだ花粉が舞い上がっただけで、鼻がズルズルになってしまう状態。

 

なので、対策として、空気清浄機を二台購入する事に。一台は寝室、もう一台はリビング用で、今回はリビング用に購入した空気清浄機のレビューです。

 

リビング用なので、見た目がスタイリッシュ、かつ高性能なタイプが良かったので、ちょうど新作として発表されていたBALMUDAの『The Pure』を購入しました。

 

 

バルミューダ 空気清浄機 BALMUDA The Pure A01A-WH(ホワイト)

バルミューダ 空気清浄機 BALMUDA The Pure A01A-WH(ホワイト)

 

 

 

 

税別価格52,000円と、空気清浄機界ではかなりの高価格モデルですが、見た目がどストライクだったので公式サイトにて即購入。

 

f:id:gorislog:20190330220351j:image

 

そこそこの大きさのダンボールがサ○ワから届く。


f:id:gorislog:20190330220400j:image

 

外箱。


f:id:gorislog:20190330220347j:image

 

外箱を開けると、さらにダンボール。日本人気質。ダンボールをダンボールで保護する事に何の意味があるのか…


f:id:gorislog:20190330220416j:image

 

内箱。ちょっと質感の良いダンボール。


f:id:gorislog:20190330220454j:image

 

あけると内側にサポート関連の情報。小さいカードにシリアルナンバーでも描いてあるのかと思ったけど、ただのカード。


f:id:gorislog:20190330220412j:image

 

梱包。


f:id:gorislog:20190330220343j:image

 

出して、


f:id:gorislog:20190330220433j:image

 

包装ビニールから取り出す。質感は安っぽいツルツル感はなくて、マットなホワイト?。下の吸気部から空気を吸い込み、フィルターを通して上に空気が抜けてく構造。配色、デザイン共にシンプル。


f:id:gorislog:20190330220451j:image

 

吸気部。結構大きい。向こう側が見える。

角が丸みを帯びてるので、安全。子供は絶対手を突っ込むし、おもちゃを入れる。けど真上はフィルターなので、吸い込む危険はほぼ無いかな。


f:id:gorislog:20190330220522j:image

 

外観横。特筆なし。


f:id:gorislog:20190330220443j:image

 

外観後ろ。

中央、黒い部分は新品時のシール。後ろまでシンプル。ゴチャゴチャしたシールが貼ってないのは好感。


f:id:gorislog:20190330220404j:image

 

シールを剥がして、ハッチを開ける。


f:id:gorislog:20190403104051j:image

 

中から新品のフィルターが出てくる。

サイズは空気清浄機目一杯の大きさで、高さもそこそこある。フィルターが大きいのは良いね。


f:id:gorislog:20190330220506j:image

 

説明を読みながら、開封。


f:id:gorislog:20190330220421j:image

 

フィルターの上側にハメるシート。


f:id:gorislog:20190330220509j:image

 

フィルターはこんな感じ。よくある空気清浄機のフィルター構造だね。交換期間は一年程度との事。シートを嵌め込み、フィルターを指し、ハッチを閉じる。


f:id:gorislog:20190330220447j:image

 

後ろ側の吸気部の更に下に電源アダプター差し込み部が。


f:id:gorislog:20190330220408j:image

 

アダプター。

 

画像から分かる通り、かなりデカイ。

 

唯一の不満点

 

この大きさ、どうにかならなかったのだろうか。アダプターを隠す前提で作ってるのか知らんが、本体がスタイリッシュなのに、アダプターがゴツすぎ。コンセント付近で隠す場所がないトコで使用したい僕としては致命的。対策案を考えなきゃ。


f:id:gorislog:20190330220458j:image

 

排気側。

操作パネルも上に。スリーボタンでシンプル。


f:id:gorislog:20190330220425j:image

 

風量調節。

飛行機ボタンはジェットクリーンモード。

インジケーターランプで風量表示。

オート、1、2、3段階。基本オートで事足りるし、部屋が匂えばジェットでいい。


f:id:gorislog:20190330220339j:image

 

電源ボタン。

電源ボタンの近くの黒丸は照度センサー。ライトアップする際に部屋の明るさに、光の強さを合わせてくれます。


f:id:gorislog:20190330220436j:image

 

お手入れする際の開閉向き表示。

稼働時に試しに開けようとしたら、緊急停止した。安全性に配慮があって○


f:id:gorislog:20190330220514j:image

 

電源オン。

電源ボタンを押すと、『ポーン』と起動音がなると同時に、ファンが回転、吸気・排気部にライトがつく。


f:id:gorislog:20190330220518j:image

 

排気側(ファン部)のライト。

コレがめっちゃくちゃカッコイイ。低速だと羽が回るのが目視できて、機械好きにはたまらない。最高。


f:id:gorislog:20190330220429j:image

 

下部のライト。

こっちは特筆する事はなし。フットライトにはなるかな?


f:id:gorislog:20190403104108j:image

 

ちなみに、ライトをオフにして起動も出来る。風量調節ボタンを押しながら電源ボタンをオンするだけ。僕は基本、ライトオフにしてる。


f:id:gorislog:20190330220502j:image

 

Amazon echoを鎮座させたらちょうど良かった。反響して少し音が大きくなる。そのせいで、音量3以上で音楽を聴いてると、呼びかけに反応しなくなるけれど。

 

f:id:gorislog:20190402013334j:image

 

公式サイトで注文したら、トートバックがもらえた。持ち手が長くて、個人的に好きなサイズ感なんだけど、デザインが微妙。黒文字ロゴで『BALMUDA』を中心に描いてくれればカッコよかったのに。

 

評価

 

シンプルかつ、洗練されたデザイン。白+薄灰色でデザインされてるから、ほとんどの部屋には合うと思う。光の演出もオシャレで、上方向から覗き込むと、ファンの回転が照らされて、カッコいい。お洒落な空気清浄機が欲しいなら、コレって勧められる。

 

ただ、アダプターが凄く大きい。アダプターを隠せられる場所があるなら良いけど、遮蔽物のないコンセント付近に鎮座させたい場合にはオススメできない。コンセントボックスを置いたらスマートじゃないし。設置場所を検討してから購入したほうがいい。アダプターの大きさが気にならなければ良いけど。

 

評価は ★★★★☆

 

アダプターが小さかったら★5でも良かったんだけど、風量強いし小型化は難しいんだろうな。デザイン、吸気量は○。消臭とかの効果は経過報告します。

 

 

バルミューダ 空気清浄機 BALMUDA The Pure A01A-WH(ホワイト)

バルミューダ 空気清浄機 BALMUDA The Pure A01A-WH(ホワイト)