iiie

“iiie.nagoya” by syttg

花粉対策その② 寝室用にBlueairの『Blue Pure 411 Particle + Carbon』買ったよ

 

前回の投稿に続いて、花粉対策用に買った空気清浄機の投稿。

 

前回の記事

www.iiie.nagoya

 

寝室用に購入したのは、Blueair(ブルーエア)の『Blue Pure 411 Particle + Carbon』。

 

購入の際の条件は

 

  • 清浄力が強い
  • 加湿機能が無い
  • サイクルコストが安い
  • 手入れが簡単
  • サイズは不問

 

で、合致したのが『Blue Pure 411 Particle + Carbon』。

 

青カラーを注文。

 

 

 

 

f:id:gorislog:20190405202628j:image

 

今回、購入したのは家電量販店のエディオンのネットショップ。エアコンなんかを購入した際のポイント期限が3月末までて、駆け込みでしたが使用でき、1万円引きで購入できました。


f:id:gorislog:20190405202534j:image

 

開封。


f:id:gorislog:20190405202558j:image

 

内箱も青。外装カラーに合わせてるのかな。外装赤だと、目につく箱になりそうだ。


f:id:gorislog:20190405202621j:image

 

開封。


f:id:gorislog:20190405202624j:image

 

触りのいい保護袋。


f:id:gorislog:20190405202613j:image

 

全体像はこんな感じ。

本体と説明書だけで、既にセットされてるから袋から出せばすぐ使える。インストールが簡単でいいね。


f:id:gorislog:20190405202548j:image

 

本体部分を回すと、フィルター部と分離する。

本体をちょっと押しながら回すのがポイント。


f:id:gorislog:20190405202544j:image

 

フィルター側内部は空洞。ここにヘソクリ隠せそう。

外装カバー(青色)がフィルターを覆ってる。


f:id:gorislog:20190405202540j:image

 

外装カバーを剥く。

伸縮性のある布で覆われてるだけだから、簡単に剥ける。換えのカバーも販売してるので気軽にカラーチェンジできる。グレーが欲しい。

 

 

  


f:id:gorislog:20190405202617j:image

 

フィルター抑えを外す。

プラスチックが載ってるだけだから、簡単に外れる。

抑えがなくなるとフィルターの持ち手(服のタグみたいな)があるので、引っ張るとフィルターが取れる。隙間なくキッチリしていて、取るのにも嵌めるにも少し力が必要。

 

 
f:id:gorislog:20190405202601j:image

 

分解すると五つのパーツになる。


f:id:gorislog:20190405202605j:image

 

操作ボタンは一つ。中心の部分がスイッチになってる。押し込みタイプでは無いので(静電スイッチ?)、押してる感覚が無い。指を2、3秒おいて、離すと反応する。


f:id:gorislog:20190405202529j:image

 

インジケーター。弱・中・強の三種類から風量を選ぶ。残念ながらセンサーなどは無く、オート調節非対応。寝室で、就寝時は弱、部屋にいない時は中といった使い分けをしてます。


f:id:gorislog:20190405202552j:image

 

設置。

 

画像左側にあるのはFire HD 8。比較するとそこそこ大きいですが、Blue Pureは空気清浄機としてはコンパクトですね。

 

悪い点

本体が上にあるので、コードを上側本体から垂れ流すスタイル。配線処理が気になるタイプの人は嫌なデザインかも。

 

評価

デザインはシンプルで○。構造も簡単で、メンテがしやすくて良いですね。フィルターの外側に外装カバーとして布(ファブリックプレフィルター)を覆うのですが、水洗いも出来るので定期的にメンテすればフィルターの持ちも良くなりそうです。フィルターも安価なので気軽に交換できるのも良い。360°吸気できる構造なので、コンパクトですがパワフル。デザインも機能も優秀で、サブとしてオススメできる空気清浄機です。寝室なんかで使うのがオススメ。メイン使用(リビングなどで)するならオート調節機能付きの高機能タイプの方が良いですね。