iiie

物づくりと生活、"経験"を記事へ

無名な高耐久フライパン買ったら思いのほか良かった

 

令和が始まりましたが、今回は平成最後のお買い物の話。

 

GW中に断捨離というか、物の整理をしました。

 

コストコでゴミ箱を購入したので、今までのゴミ箱を捨てたり、納戸で肥やしになっていた数々の箱や、引き出し類、家電などの梱包段ボール(中古売却の為にとっていた)など、結構な数の物品を捨てました。

 

GWなのに、住んでいる地域の廃却所がやってたおかげで助かりました。

 

で、その物の整理の際に妻に「フライパンがダメかも」と言われ、見てみるとT-falのフライパンがダメになってて。

 

5年前ぐらいに買ったインジニオ系の取っ手が取れるタイプ。

独身時代からの愛用品だったけど、流石に寿命でした。

 

で、今回フライパンを購入することに。

 

フライパン購入するに際して迷うのが、

 

高いフライパンを長く使う

安いフライパンを結構な頻度で変える

 

こと。フライパンって、そんなに高くないものだと20cmで500円前後で買える。ブランド物だと3000円ぐらいするので、毎年変えたとしても同じぐらいのコスパなんですよね。なんなら、安物の方が良い。

 

ただ、ブランドものだと火の通りがよかったり、加熱時間が短くてよかったり、コーティングが長く持って、焦げ付きにくかったりと、結構スペックに違いがあって、安物を直ぐ帰るよりも満足度が高かったりする。

 

ただ、その品質も年々劣化していくので、なんとも言えないけれど。

 

なので、全部がブランド物よりも、使用回数(頻度)が高いものはブランド物で、そこそこな物は安物で買うようにしています。

 

で、今回ダメになったのは20cmのもの。我が家で一番稼働率が高いフライパンです。

 

なので、そこそこいいフライパンを導入したい。

 

CMなんかでサーモスの新型が有名だし、やっぱりT-falも捨てがたいし。ドウシシャが出してるevercookも捨てがたい。(小倉優子かわいいし)そしてヘンケルスもやっぱカッコイイ。

 

最終的に僕が購入を決断したのはコレ。 

 

f:id:gorislog:20190430165711j:image

 

MOKUPAN (モクパン)

 

「っえ?どこの?」ってなりますよね。

 

これ、アピタ・ユニー系列のオリジナルフライパンだそうです。ブランド物じゃない。

 

上で長々と書きましたが今回はブランド物じゃないフライパンを買いました。

 

ただ、値段は高い。

 

2980円(税別)。

 

サイズは26センチと大きめですが、値段は他のブランドものが買えてしまう値段。

 

フライパンコーナーには、T-falやらevercookやらヘンケルス、他の激安フライパンなんかもある店でしたが、迷った結果コチラを購入しました。


f:id:gorislog:20190430165656j:image

 

結構ポイントが高かったのは深さ。

 

26センチのフライパンで深型ってあるにはあるんですが、重量も軽くて、厚みもそこそこあるモデルで気に入ったのはMOKUPANでした(店にあった種類の中でですが

 

f:id:gorislog:20190430165652j:image

 

持ち手が木なのもポイント高い。

 

安そうな色じゃなくて、色味が濃くて僕は好き。


f:id:gorislog:20190430165714j:image

 

ねじ止めの部分がちょーっと好きじゃなかったですが、柄の端の孔が丸穴でいいですね。長丸とか嫌いなんで。


f:id:gorislog:20190430165704j:image

 

フライパンと柄のつなぎ目が、フライパン部からすこーし伸びてるのが好き。

柄のパーツがフライパンの横についているデザイン、汚れやすくて嫌いなんです。


f:id:gorislog:20190430165649j:image

 

フライパン内側に何も書いてないのが好き。シンプルに黒だし。


f:id:gorislog:20190430165707j:image

 

裏側の作りはよくある感じ。


f:id:gorislog:20190430165700j:image

 

機能として、3層ハードコート。

耐摩耗試験の50万回クリアなのはいいですね。evercookも50万回クリアだったんで、同じぐらいの性能と考えれば良し。ただ、evercook αは130万回らしいんで、evercook αの方がコスパ良さげ。

 

ただ、evercookに比べると値段は安いのでいいですね。

 

アルミダイカスト制なんでそこそこ安い。妻も満足こそしなかったけど、「んーいいんじゃない?」といった感じで不満はなかったです。


f:id:gorislog:20190430165645j:image

 

オーブン・レンジが使えないのは普通ですね。他の熱源には対応しているので、一般的なフライパンとして使えそう。

 

使用感

牛肉と玉ねぎのみそ炒めを作ったときの感想。

 

みそ漬けされた牛肉を玉ねぎと混ぜ合わせながら焼いた。焼いた際に玉ねぎからでる水分が多く、その水気を飛ばすために煮焼きしたんだけれど、水分が蒸発した結果地層の様にフライパンに油が焼き付いた。

 

料理後にスポンジと中性洗剤でやわらかく擦ると汚れがしっかりと落ち、焦げ付きなんかには強そうに感じた。

 

熱の通り易さの関しては良くも悪くもない感じ。ただ、今まで使っていたブランドのフライパンと比べているので、それと同等と考えると悪くないんだと思う。

 

柄がカッコイイ。

 

結構おすすめできるフライパンなんだけど、売り場がユニー・アピタ系列のみと考えると手に入れるのはそこそこ難しいのかな。

 

おわり