iiie.nagoya

物づくりと生活、"経験"を記事へ

【'19/07/13】
当ブログで使用しているカスタマイズテーマ『riseup』をテーマストアで公開しました。はてなブログを使用している方なら無料でインストールすることが可能です。(はてなProでの利用を推奨しています)

詳細は以下のページに記載しています。
https://www.iiie.nagoya/entry/2019/07/13/210356

ブログテーマページはこちら
http://blog.hatena.ne.jp/-/store/theme/17680117127217464048

新製品のAnker社製サウンドバー『Soundcore Infini』が届いたので開封レビューするよ

 

たまたまスマートニュースの新製品情報でAnkerがサウンドバー出すことを知ったので、「お、いいじゃん」って思って即発注したよ。

 

リリース記念なのか、割引で購入。

 

10,999円(税込み)が 8,799 (税込み)だったのでお得購入。

 

購入はAmazonでしました。

 

一万円以下でサウンドバー買えちゃうのはいいですね!

 

今現在(2019/05/13現在)、公式・Amazon共に在庫切れみたいです。

  

www.ankerjapan.com

 

本日到着しましたので、開封・設置をしました。

 

f:id:gorislog:20190513174735j:image

 

化粧箱伝票直貼りで到着。


f:id:gorislog:20190513174702j:image

 

シンプルな製品情報ですね。


f:id:gorislog:20190513174725j:image

 

開封。

必要最低限な梱包でいいですね。


f:id:gorislog:20190513174658j:image

 

内容物はコチラ。

本体に加え、左から説明書・光デジタルケーブル・オーディオケーブル(RCA)、壁付けブラケット・リモコン・電源ケーブルですね。

オーディオケーブルの下にある緑のやつは単4電池×2本です。


f:id:gorislog:20190513174655j:image

 

本体開封!

 

シンプルな外観で良いですね。サイズは約880×56×90mm。Anker製品の中では最大クラスです。

 

重量は約2.9kg。

 

2つのツイーターとサブウーファー、バスポートを搭載している本機。コンパクトな外観に反して最大出力100Wの大出力とのこと。

 

f:id:gorislog:20190513174706j:image

 

ブラックメタルな外観。

 

サウンドバーにしては値段が安いけど、前面・上部はチープな感じはしないですね。

  

f:id:gorislog:20190513174729j:image

 

あと、横がテカテカのプラスチック。

 

ここがちょっとチープ感あります。あまり気にならないですが。


f:id:gorislog:20190513174715j:image

 

インプットはAUX・オーディオケーブル(RCA)・光デジタル入力と、Bluetooth

 

僕の環境では十分です。

 

電源ケーブルが取り外し可なのは良いですね。

 

写真上部にあるのは、コードの通す部分。

 

立てる・寝かす。2パターンの置き方ができますね。


f:id:gorislog:20190513174710j:image

 

僕の家では寝かしておくことに。

 

個人的に『Soundforce』のロゴがイタリアックな部分が気になる。イタリアックってなんかチープな感じがするんだよね。

 

f:id:gorislog:20190513174732j:image

 

32型の東芝テレビの前に置いた感じ。

 

32型の前に置いちゃうとバランス悪いですね。


f:id:gorislog:20190513174720j:image

 

Infiniには壁付けブラケットが付いてきます。

しかし、ブラケットを壁に打ち付けるビスは付属してこないので、自前で用意する必要がありますね。

 

平安伸銅が販売しているNAGESHI RAILと木材を使用すれば、賃貸でも壁付けできるかも....。検証はしていませんが、公式では10kgまで耐荷重OKとのことなので。

 

www.heianshindo.co.jp


f:id:gorislog:20190513174739j:image

 

リモコン。

 

デザインは、AppleTVやFireStickTVのリモコンにテイストが似ていますね。

 

しかし、写真では伝わりづらいですが、とってもチープなつくりです。

 

赤外線通信なので、学習リモコンを使えば代用できそう。チープ感が嫌な方は学習リモコンを使うと良いですね。

 

ソニー SONY 学習リモコン RM-PLZ430D : テレビ/レコーダーなど最大5台操作可能 RM-PLZ430D

ソニー SONY 学習リモコン RM-PLZ430D : テレビ/レコーダーなど最大5台操作可能 RM-PLZ430D

 

 

チープですがリモコンの操作性はそこまで悪くないです。

 

機能として、モード変更が可能で「ミュージック」「ムービー」「ダイアログ」3つのモード選択ができ、シチュエーションによって音の切り替えができるようです。

 

ぼくは専ら「ムービー」での利用が多そうです。主にAmazonプライム・ビデオ視聴の為に購入したので。

 

評価

デザイン・機能・操作性は1万円とは思えないクオリティです。リモコンが少しチープなことを除けば満足できるんじゃないでしょうか。

 

音質については比較対象を持っていないので、比較レビューはできませんが、当然ながらテレビについているスピーカーよりも音の幅は広がりますし、重低音が響き、迫力が増します。

 

テレビ内臓スピーカーに物足りなさを感じている方にお勧めですね。