iiie

物づくりと生活、"経験"を記事へ

玄関のクロークを改造、小スペースなのでゴミ袋を”掛ける”仕様へDIY

 久々にDIY記事を投稿します。

 

 

我が家のウォークインクロークを見ると、ゴミ屋敷

 

乱雑に物が置かれすぎていて、”くっちゃくちゃ”。

 


f:id:gorislog:20190610143647j:image

 

問題なのがゴミ

 

我が家では、玄関のウォークインクロークにゴミ箱を設置してる。

 

写真奥から不燃物・ビン・カンの三種類。

 

ペットボトル分のゴミ箱設置スペースがない

 

それにペットボトルの消費量(主に炭酸水)が多すぎて、すぐにゴミ箱がパンパンになってしまう。

 

結果、写真のように袋に入れて素置き。

 

これの見た目がよろしくない。

 

そこでゴミ袋設置に関するDIYをすることにしました。

 

DIYするよ


f:id:gorislog:20190610143729j:image

 

まずは、クロークの棚幅を図る。

 

幅は77cm。

 

今回のDIYには奥行・高さは不必要。


f:id:gorislog:20190610143655j:image

 

ホームセンターで部材を購入。

 

服とかを掛けておくハンガーポールです。

 

Φ25mm×900mmのポールと受けパーツ。

 

MG オールステンパイプ 約外径25×910mm

MG オールステンパイプ 約外径25×910mm

 

 

お高いやつもありますが、玄関での仕様を想定してステンレス製のシンプルなデザイン。湿気とか溜まりやすいですしね。錆びたら嫌ですし

 

ちなみに受けにはネジ付属。

 

トータル1000円以下です。安い。


f:id:gorislog:20190610143751j:image

900mmのポールは棚板77cm(770mm)には長いのでカット。

 

使うのはパイプカッターです。

 

SK11 パイプカッター 切断能力 4~32mm PC-32

SK11 パイプカッター 切断能力 4~32mm PC-32

 

 

黒い持ち手を回すとパイプに刃が食い込むので、「持ち手を回す(パイプに食い込ませる)」→「パイプを回す」の繰り返しで、回しパイプを切っていきます。

 

パイプカッターは安く手に入りますが気を付けたいのが対応径があること。安物だと大きい径のものがカットできない場合があるので、最初にちゃんとした物を買っておくと良いですよ。


f:id:gorislog:20190610143759j:image

 

回しきる。

 

ステンレスですが、簡単に切れちゃいます。

 

回すだけなので、女性でも簡単にカットできちゃいます。


f:id:gorislog:20190610143806j:image

 

2分程度でカット完了。

 

カットした断面は通常やすりなどで加工してなめらかにする必要があります。切断面は鋭利ですし、バリなんかで怪我をしそうですので。

 

ただ今回は受けがあって切断面を覆うタイプなのでやすり掛けは無し。

 

なのでらくちんですね。


f:id:gorislog:20190610143818j:image

 

あとは、棚板を外して裏側にビスで打ち付けていきます。

 

付属のビス長と棚板の厚みがジャストフィットだったので、そのまま付属のビスを使いました。長い場合は別途購入しましょう。(突き抜けたら危ないですよ)


f:id:gorislog:20190610143827j:image

 

棚板にハンガーポールが設置完了。

 

服なんかを掛ける場合はもうちょっと受けのベースが長い物の方が棚板からポールが離れるので服が掛けやすいですよ!


f:id:gorislog:20190610143834j:image

 

S字フックを購入。

 

100均でもよかったのですが、今回は無印でお高いS字フックを購入しました。

 

アルミ×ステンレスって擦れる音がするので、嫌いな人は最悪の組み合わせ化も。

 

もれなく僕も嫌な音でした


f:id:gorislog:20190610143839j:image

 

設置するとこんな感じに。

 

あとはゴミ袋を引っ提げてゴミを投入するだけ!

 

ゴミ箱と違って、ゴミ袋のポテンシャルを完全に生かせますね。

 

ただ、ゴミによっては洗っても臭いがついているので、ゴミ箱の方がいいという場合も。

 

僕も全撤去が良かったですが、缶に関してはゴミ箱に入れることにしました。ビールとかコーラの臭いってぜんぜん取れないんですよね。

 

まとめ

今回のDIYでウォークインが使いやすくなりました、ペットボトルのゴミ袋のポテンシャルが最大になったのは大きい。

 

僕がDIYに求めるのは見た目の満足よりも、生活の利便性の向上ですね!

 

もちろん、それに見た目もついてきたら最高ですが!

 

1000円以下で生活の質が向上したのはコスパ良かったです。

 

おわり