iiie.nagoya

物づくりと生活、"経験"を記事へ

【'19/07/13】
当ブログで使用しているカスタマイズテーマ『riseup』をテーマストアで公開しました。はてなブログを使用している方なら無料でインストールすることが可能です。(はてなProでの利用を推奨しています)

詳細は以下のページに記載しています。
https://www.iiie.nagoya/entry/2019/07/13/210356

ブログテーマページはこちら
http://blog.hatena.ne.jp/-/store/theme/17680117127217464048

家に眠っていた電子マネーから5000円発掘したよ!おサイフケータイの機能が面白い

Pixel 3aは『おサイフケータイ』が使えるので、『Felica』が内臓されています。

 

そのFelicaを使用して、ICカードにチャージされた残金を確認できることがわかりました。

 

その機能を使用して、家に眠っているICカードの残金を確認、お小遣いを発掘した経緯を記載します。

 

おサイフケータイアプリで、ICカードの残金を調べられる

Pixel3a SIMフリー版には、プリセットアプリとして『おサイフケータイ』アプリが内臓されています。

 

おサイフケータイアプリを開き、 


f:id:gorislog:20190616065736j:image

 

左上にあるトグルメニューのスイッチ(”三”のボタン)をタップすると、メニューが出現します。

 

その中から『ICカード残高読み取り』をタップ。


f:id:gorislog:20190616065744j:image

 

上画像のページが開かれますので、この状態でPixel 3aの背面にICカードを近づけます。

 

f:id:gorislog:20190616065724j:image

 

今回検証するのは、現在使用していないICカード。

 

なぜTOICAが二枚あるのかはわかりません。おそらく妻と僕の物....なのかな。

 

ずいぶんと前に使用していて放置されていたカードだったので、残金は不明。

 

さぁレッツトライ。

 

TOICA一枚目


f:id:gorislog:20190616065753j:image

 

カードを近づけると残金がすぐ表示されます。

 

1413円。

 

意外と入ってた!

 

TOICA二枚目


f:id:gorislog:20190616065806j:image

 

次は1630円。

 

やったぜ!二つで3000円!

 

PASMO


f:id:gorislog:20190616065822j:image

 

812円。

 

んー、PASMOも結構入ってた。

 

nanaco


f:id:gorislog:20190616065835j:image

 

nanacoは46円。

 

コンビニでの支払いなので、ほぼ使い切ったのでしょうね。

 

交通系ICカードはどうしても「次に使うことがあるかもしれないから、残しておこう」と思ってしまうので、使い切らずに残してしまいますね。

 

ICカードはデポジットの場合があるよ

デポジット=保証金ですが、カードを発行する際に預り金としてPASMOとTOICAは500円をデポジットとして納めています。

 

なので、仮にカードにお金が入っていない場合でもICカードを返却すれば500円が返ってくる仕組みです。

 

また、カード内に残っている残金も返却されますね。

 

ただ、PASMOは残高すべてが返却されるのに対して、TOICAは払い戻し手数料として220円かかってしまいます。ただ、残高が220円以下の場合、デポジット料金の500円が返ってきます。(デポジット料金からは払い戻し手数料は引かれない)。

 

※参考

https://toica.jr-central.co.jp/howto/various-settings/refund.html

https://www.pasmo.co.jp/reissue/repayment/

 

ちなみにnanacoはデポジット制ではないので返却はされません。

ただ、nanacoは使用するとお得なサービスも多いので今後は積極的に使用していきたいですね。

 

一番お得なのはTOICAは使い切る、PASMOは払戻す

TOICAは払い戻し手数料がかかってしまうので、220円損してしまいます。

 

最近では、コンビニや自動販売機、デパートなんかの決済にもTOICAは使用できるので、払い戻しするよりも、カード内残高をにし、カードを返却してデポジットの500円を払い戻してもらったほうが得です。

 

対してPASMOはそのまま返却しても全額返ってくるので、いいですね。

 

今回のICカードで家に眠っていた財産は

 

残高(1413円+1630円+812円+46円)+ デポジット料金(500円×3)

 

=5401円

 

やったぜ!

 

まとめ

おサイフケータイアプリを使用して、家に眠っていた財産を発掘できました。

 

通勤なんかに使っていないICカードって意外とずさんな管理をしている場合が多いですね。もしかしたら眠っている財産があるかも!

 

お家の隠し財産を発掘してみるのは意外と楽しいですよー

 

おしまい。